企業情報 › 社長メッセージ

企業情報 ABOUT US

社長メッセージ

環境変化に迅速に対応し6つの製品分野で安定した発展を目指します。 代表取締役社長 廣門 茂喜

カヤバシステムマシナリーは機械、電気、油圧の3つの技術をコアテクノロジーとし、舞台機構、免震・制震装置、試験装置など6つの分野で幅広い技術と製品を提供しています。近年は、耐震に対する社会的な認識が高まり、免震・制震装置の需要が拡大。また自動車メーカー各社が開発拠点を海外に移し、それに伴って試験機の海外需要が拡大するなど、ダイナミックな市場の動きが出てきました。他方、環境変化により需要の低下が見込まれる製品分野では、先んじて新たな市場の開拓を図るなど、フレキシブルな展開を図っています。

このように弊社における大きな課題の一つは、異なる市場環境に置かれた各製品分野の動向を見極め、適切な戦略を展開すること。これにより6つの製品分野をバランスよく発展させ、経営の安定化を図っていきたいと考えています。

もう一つの課題は、マネジメント層とエンジニアの育成です。団塊の世代が定年を迎え、次々と現役を退くなか、長年培ったノウハウと技術を伝承し、さらに発展させていくための方策を適切に打っていく必要があります。人財育成は社内だけでなく社外を含めて検討をする方針です。たとえばお客様のご要望にお応えしながら、事業や技術展開の方法を学び、成長させていただきたいと思っています。

2013年に建て替えた新事務所棟には弊社製のダンパーを実装し、お客様へのショールームとして公開しています。また新工場には、モノと生産情報の流れを連動させた無駄のない生産方式を導入し、長周期・長振幅の地震波に対応する大型ダンパー専用試験機なども設置して、信頼性とコストを両立させた製造ラインを見ていただけるようにしています。

お客様のご要望は常に変化し、進化します。私どもがそれに追随し、技術力を維持するためには、常に広い視野で勉強を続けていかなければなりません。「価値あるシステムを提案する」――私どもの理念を実現するために、全社一丸となって努力を続けてまいる所存です。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ